北海道舞踏フェスティバル2020

オンラインフェスティバル開催のお知らせ

Announcement of the Online Festival of The Hokkaido Butoh Festival 2020

 

北海道舞踏フェスティバルは2017年より年に1回ペースで開催している国際的な舞踏フェスティバルで、2020年も5月7日の舞踏展を皮切りに札幌、小樽、岩見沢の3都市で開催予定でした。

 

アメリカ、イタリア、台湾、そして日本国内から10組の舞踏家を招いて公演を行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により大きく予定を変更せざるを得なくなりました。

 

海外からの出演者は来日ができなくなり、いくつかの公演は中止、延期、無観客化を余儀なくされました。

そこで、私たちはこれを機に、映像に力を入れてオンラインでフェスティバルを実施できないかと考えました。

 

全ての映像はLIVEではなく、何日も手を加えて映像用に編集したものになります。

これまでダンスは生で見るものだ、動画で見ても魅力は伝わってこないと思ってきましたが、思い切って映像ならではの面白さを追求してみました。

 

私たちにとって新しい取り組みとなりますが、お楽しみいただけますと幸いです。

 

                      北海道舞踏フェスティバル2020

スタッフ一同

 

Our organization, like many others, has been working with admission revenue as a primary source of income.

This year, we have taken steps to reduce the size of the festival (performing with half the audience) and to perform online with no audience, among other initiatives.

 

As a result of these measures, admission revenue is down 80% from expectations.

In order to keep the festival going in the future, we are asking for contributions from our esteemed patrons.

 

If you enjoy what we are doing and would like to support the festival, please consider contributing through one of the methods we have prepared below.

 

Hokkaido Butoh Festival 2020

All the staff

CONTENTS

CLICK THE FOLLOWING CONTENTS TO SEE DETAILS

札幌公演

/ Butoh Performance in Sapporo

点滅 篇 / Tenmetsu ver.

coming soon

札幌公演

/ Butoh Performance in Sapporo

田仲 ハル 篇 / Hal Tanaka ver.

coming soon

札幌公演

/ Butoh Performance in Sapporo

シブ  ブリューゾ 篇 / Syv Bruzeau ver.

coming soon

札幌公演

/ Butoh Performance in Sapporo

小林 嵯峨 篇 / Saga Kobayashi ver.

coming soon

舞踏展/ Butoh Exhibition

coming soon

DONATION/HELP US!

フェスティバルへのサポートのお願い/ We need your support

 

 

私たちの団体も、他の多くの団体と同じく入場料収入を収入源として活動してきました。

今年はフェスティバルを開催する為に、規模の縮小(客席を半分にして公演を実施)や、無観客でのオンライン上演などの取り組みを行ってきました。

 

これらの対策の影響で、入場料収入は見込みから80%減となってしまいました。

そこで、このフェスティバルを今後も継続し続ける為に、サポートを受け付けることにいたしました。

 

複数の方法を用意しましたので、もしこの活動を気に入っていただけたらお願いいたします。

 

Our organization, like many others, has been working with admission revenue as a primary source of income.

This year, we have taken steps to reduce the size of the festival (performing with half the audience) and to perform online with no audience, among other initiatives.

 

As a result of these measures, admission revenue is down 80% from expectations.

In order to keep the festival going in the future, we are asking for contributions from our esteemed patrons.

 

If you enjoy what we are doing and would like to support the festival, please consider contributing through one of the methods we have prepared below.

 

 1、投げ銭(Paypalでの決済)/ via Paypal

 

paypal.me/hokkaidobutoh

 

※上記のアドレスより、お好きな額をご入金いただけます。

You can deposit any amount you want.

 2、Butoh Shopを利用した寄付/ via Butoh Shop

 

https://butoh.theshop.jp/

 

※WEBSHOPを作りました。作り立てゆえ、不具合があればご連絡ください。

I have created a WEBSHOP.

I would like to thank you, so please let me know via email if you don't mind.

[ Our email address ] festival@sapporo-butoh.com

 3、銀行振込/ BANK transfer- Only in JAPAN.

 

北洋銀行 宮の森支店 普通 4094006 北海道コンテンポラリーダンス普及委員会

 

※お礼のメッセージを送らせていただきたいので、差し支えなければメールでご一報いただけますと幸いです。

[メールアドレス] festival@sapporo-butoh.com

 4、月額500円~のButoh Membersに入会する(Paypalでの決済)/Join Butoh Members

 

活動をサポートしていただく「Butoh member」(月額制)を募集します。

Memberにはメールにて「舞踏通信」を不定期でお送りさせていただきます。

 また、余裕があれば年に1回活動報告を行いたいです。

ただ、このネットワークのサービスにあまり大きな期待はしないでください。

Butoh member" (monthly fee) is needed to support our activities.

You will receive "Butoh News" by e-mail on an irregular basis.

 And once a year we will give you a report on our activities.

But please do not expect too much from this network.

 5、YouTubeのButoh Channelにチャンネル登録&高評価をする

       /Subscribe and Thumbs up to Butoh Channel on Youtube

 

※金銭的なサポートが難しい方にお願いしております。

映像を気に入っていただけたら、是非ともお願いいたします。

We ask that you have difficulty supporting us financially.

If you like the video, we would appreciate it.

Partnerships/Cooperation

がらんどうの庭(日本)

舞踏家・石井則仁(山海塾)によるインスタレーション作品の展示と舞踏のパフォーマンス。

 

Garandou no niwa ( JAPAN )

Butoh dancer Norihito Ishii (Sankai-Juku) exhibit his installation work and perform Butoh.

 

 

慶應義塾大学アート・センター土方巽アーカイヴ

(東京、日本)

慶應義塾大学アート・センター内にあり、土方巽のアーカイヴ資料を管理・紹介している。

 

Keio University Art Center Tatsumi Hijikata Archive ( Tokyo, JAPAN )

It is located in the Art Center of Keio University and preserves and introduces archival materials of Tatsumi Hijikata.

 

京都国際舞踏フェスティバル(京都、日本)

2018年より京都にて行われている舞踏のフェスティバル。国内外より様々な舞踏家が参加。

 

Kyoto Internatinal Butoh Festival

( Kyoto, JAPAN )

A butoh festival in Kyoto since 2018. Various butoh artists from Japan and abroad participate in the festival.

シアトル舞踏フェスティバル(シアトル、アメリカ)

DAIPANbutoh Collectiveが中心となり、シアトルで2011年より毎年開催されている舞踏のフェスティバル。

 

Seattle Butoh Festival ( Seattle, USA )

Seattle Butoh festival has been held annually in Seattle since 2011, presented by DAIPANbutoh Collective.

香港舞踏節(香港)

2012年に設立されたButoh Butoh Fest Hong Kongは、常にコミュニティの歴史をダンス作品に取り入れ、人と空間を結びつけ、アーバンスケープの新しいイメージを生み出してきました。

 

Butoh Butoh Fest Hong Kong ( HONG KONG )

Established since 2012, Butoh Butoh Fest Hong Kong has always incorporated community history into dance creations, connecting the people and the space, and initiating a new image of the urbanscape.

 

Photo by  Maximillian Cheng

 

GHOST3 舞踏サウンドアートフェスティバル(ドイツ)

舞踏、サウンドアート、イメージ、インスタレーションという異なる表現手段による相乗効果を探求し、互いに潜在力を引き起こしながら生まれる儚さ、そして生の意味という始原的な問いへと遡ります。

 

GHOST 3 Butoh Sound Art Festival(Germany)

GHOST3: Butoh Sound Art Festival explores the synergy between different means of expression - butoh, sound art, imagery and installation - and goes back to the primordial question of ephemerality and the meaning of life as they trigger each other's potentials.

 

Portrait of Mushimaru Fujieda © Alisa Berger

主催:北海道コンテンポラリーダンス普及委員会

提携:台灣國際黯黑舞蹈節(Taiwan International Darkness Dance Festival)

後援:北海道、札幌市、小樽市、岩見沢市、北海道新聞社

協力:CONTE-SAPPORO Dance Center、さっぽろ天神山アートスタジオ、株式会社ラツカ、

HIARATA ART STUDIO、なごやすずか、櫻井ひだかくん、なっちゃん、り<

(c) 2020 HOKKAIDO BUTOH FESTIVAL

Latest information